読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫の抜歯手術

今日は強風と大雨の嵐の一日でした。近所の倉庫の屋根が吹き飛んで、怪我人も出ていたようです。

我が家のねこ(オス5才)が、本日、抜歯手術を受けてきました。歯根吸収といって歯が溶けていく病気なのだそうです。全身麻酔をかけ、8本も抜いてきました。獣医が言うには「今までかなり痛かったはず」。既に抜けてしまっていた歯も多く、抜歯後に残ったのは4本だけ。可愛そうだけど、痛みがなくなったのなら良かったかなと。

まだ麻酔が残っていてふらついています。痛々しい。

抜いた歯、持ちかえってきました。

因みに、ねこ付き秘書(給餌担当)の私(人間)も今年に入ってから親不知を2本抜いています。でも、医療費(自己負担)は彼(ねこ)の方が高かった。